So-net無料ブログ作成

ベヒシュタイン [輸入ピアノ]

★9月に汐留に新規オープンした「ベヒシュタイン」ピアノサロンに行ってきました!

・ドイツ工場の製造工程・部材の映像、そしてベヒシュタイン・ホフマンの実物を拝見しました。 

①ベヒシュタイン
DSC_0005.JPG
【新橋駅からも歩けますよ・・・イタリア街の中にあります。JRAの隣】


DSC_0006.JPG


・ベーゼンドルファー、スタインウェイ、ヤマハ・・・とは違う”独特な響き”のピアノです。
 一言で言うと「透明感の有る音色」でしょうか。

・製造工程や使用している部材が他メーカーと大きく異なっています。
 ドイツ国内のベヒシュタイン工場で手作業で生産されています。
 鉄骨フレーム(鋳物)を作るのに,シーズニングを1年もかけるそうです。

・2000年頃を境に支柱の設計が変わったそうで、音色も少し異なるそうです。

・柔らかいスタッカートと堅いスタッカートを弾き分けたり、
 柔らかく力強いフォルティッシモと鋭いフォルティッシモを弾き分けることが出来る
 そうです。

・世界の3大ピアノメーカーとして有名ですが、意外に触れる機会が少ないピアノでした。
 ”想像以上に優れたピアノ”ということが良~くわかりました!





②ホフマン

ホフマン.JPG 
 ★ T-122 tradition 1,150,000円(税込) 黒色 ★


・余り馴染みがない名前ですよね。

・実はベヒシュタインのセカンドブランドとして、隣国チェコで生産されています。
 スケールデザインは当然ベヒシュタイン社ですが、製造もベヒシュタイン社が行っている
 ピアノです。  
 他メーカーのセカンドラインの場合は、生産は現地のピアノメーカーに委託される
 ケースが多く、ベヒシュタインのように自社生産を行うのは珍しいです。
  
・人件費が安いチェコで生産することで、価格も抑えられています。
 コストパフォーマンスに優れたピアノとして、数多く販売されています。 
 意外と良いですよ。 ”おすすめ”します!




※弊社でも上記のピアノを取り扱っております。ぜひお問い合わせ下さい。
  

***********************************************************************************
 ★川上楽器 ピアノ販売★
 http://www.kawakami-gakki.com/piano/piano.html
 TEL:03-3409-4315 日祝休み
 東京都渋谷区東1-4-26
***********************************************************************************


nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0