So-net無料ブログ作成

新品ヤマハピアノ:YU11SHTA 展示品特価1台限り【トランスアコースティック】 [新品ピアノ]

◆川上楽器ピアノショールーム (ヤマハ中古・新品、輸入ピアノ) ■東京都渋谷区 金王神社近く◆


「生ピアノなのに”音量調整”が可能です」トランスアコースティックピアノ。
展示品1台限りお安くしました!!
 Trans Acoustic 
 
YU11SHTA (490x416).jpg



 ★トランスアコースティックピアノ
  YU11SHTA  定価:1,080,000円(税込8%)
 

  ★☆★ 新品 展示1台限り! 大幅値下げ!★☆★    
   ⇒ 858,600円(税抜:795,000円)


【売約済です。2018.7】



CIMG1538 (450x338).jpg
CIMG1545 (450x338).jpg
CIMG1543 (450x338).jpg



 ★「生ピアノなのに”音量調整”が可能です!」 その訳は・・・・

【トランアコースティックピアノとは】
・生ピアノの心臓部である響板から電子音を鳴らすことができます。
 響板がスピーカー代わりになって音量を調整できるので
 ヘッドフォンも要りません。
 
・サイレント機能で長時間演奏するとヘッドフォンの影響で
 耳が痛くなったりしますがこれなら大丈夫!

・通常の消音演奏や生ピアノとしての演奏へも切替え可能です。




【トランアコースティック技術について】
・生ピアノは弦の振動が駒を介して響板に伝わり音が響きますが、
 トランスアコースティックは、トランスデユーサーと言われる加振器が
 電子音の情報を振動に変換して響板に伝える技術です。
 つまり、響板がスピーカーの役割を果たしピアノ全体が共鳴し
 生ピアノならではの豊かな響きが生まれます。



トランス?.jpg
①「鍵盤を押す」


トランス②.jpg
②「MIDI信号が電子音に合成される」
 

トランス?.jpg
③「トランスデューサーにより振動が響板に伝わる」


トランス④.jpg
④「弦も共鳴しピアノ全体が共振する」



トランスデューサ.jpg
⑤こちらがトランスデューサーです。




   
【ピアノのお問合わせは・・】
 川上楽器渋谷ショールーム 
 TEL 03-3409-4315

★*********************************************************★
 ㈱ 川 上 楽 器 店
 東京都渋谷区東1-4-26
 電話 03-3409-4315 日・祝休み
 11:00~17:45 (土17:00迄)
 http://www.kawakami-gakki.com/piano/piano.html
 ~渋谷駅東急16番出口・ヒカリエ出口が便利です~
★*********************************************************★

[ムード] 生ピアノなのに音量が調整可能 [ムード]
ヤマハ YU11SHTA トランスアコースティック


【感想 ひと言ふた言・・】
※鍵盤は動きませんが、自動演奏機能も付いています。50曲内臓。
 USBを通じて外部から入手した曲もOK!

※アナログ的な”音量ツマミ”は、かなり細かく音量調整ができるので
 意外と便利で~す。

※最終的に”生ピアノの響板”を通じて音が響いているので、
 少し離れた場所で聞くと、
 「トランスを通じた音」なのか?「ふつうの生ピアノの音」
 なのか、分からないかも知れません。


 「トランスアコースティック・是非体感してみて下さい!!」



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0